RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

10月23日の想い

2010.10.25 Mon
あの夜 寒空の下
あなたの腕に包まれて
いつまでも

そうしていたかった
ぎゅっと引き寄せて
離れたくない

ずっとこうしていたくて
あなたのぬくもり忘れない


あの夜 星空の下
ふんわり舞い落ちてくる
雪の中

あなたの包みこむ腕の中で
「帰りたくないよ」
あなたの手をきゅっと握る

忘れないあなたのぬくもり
いつも いつまでも

あなたの傍に感じていたくて


************************


お葬式の後、お酒を飲みながら笑っている人たちの姿が、
昔は理解できなかった。

10月23日、友だちの納骨に京都の相国寺へ行った。

素敵なお父さま、お母さま、お兄さま、
大学時代のお友達、親戚の方々、久しぶりに会う共通のお友達、
共通点がいくつかあるはじめましてのお友達、
皆さんにお逢いできて、知らなかった一面も聴けたり、
お酒を飲んでお食事をしながら想い出を皆で語り合った。
何度も泣いたけど、それ以上に笑ってた。
昔は理解できなかった事が、今ならわかる気がする。

あの日、出逢った人たちは、
きっと彼が引き逢わせてくれたんだと思う。
劇団員にいた人と出逢わせてくれるなんて、彼らしいサプライズだから。

そこの、お寺や美術館を観てまわっている時
傍にいれば、きっと案内してくれているんでしょうね。
「私の入っているお墓があるお寺にはね、、、」
なんて、少し冗談を交えながら、はにかむような笑いを見せたりなんかして。

もう会うことはできないけれど
人が居なくなるのは、肉体が無くなった時でも、
魂が亡くなった時でもないのだと思う。

だから、私の中にあるあなたとの想い出
新しく聴く事ができたみんなの想い出
あなたの笑った顔、私と同じぐらいの小さい掌
みんなで行ったUSJでエルモを一緒に待ってくれた事
階段で躓いた時にしっかり支えてくれた事
お芝居や卒業制作展を観に来てくれた日の事
あなたのコンサートや個展を観に行った日の事
街を案内してくれた日の事
オシャレなバーでのジャズのライブに誘ってくれた日の事
私の描いたコトバに曲を描いて歌ってくれた事
どれも、ずーっと覚えています。

あの歌を口づさんでみたけれど、サビしか歌えないや(^_^;)
(本文の最初に描いたコトバが、その歌です)
CD買いました。遅くなったけど。
また、会いに行きますね(^-^)

お知らせを聴いた時の日記↓
mixi「遠くても」

スポンサーサイト


Category:コトバ+日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<「あなたが生まれた今日だから」 | HOME | つたえたい>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://purplecherry7.blog94.fc2.com/tb.php/16-af8c3a6e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。